Blog

カラー

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

今日は特色とプロセス4色の違いについて少し。
image
印刷物はコンピュータでデザインを制作するのですが、特色の色指定というのは上の写真のような色チップによって今でも指定をしていきます。意外かもしれませんがこれだけコンピュータの性能が上がっても特色というのはコンピュータ上で再現できないのが現状です。特色というのは様々な要素を含み透明感や蛍光色、パールとかシルバーや金色のようなもの。このような要素が組み合わさって構成されます。カラー

コンピュータ上ではこのような要素を疑似的に再現して簡易的に表示しています。さてそれでは4色のフルカラー印刷で特色はどのように再現されるのか?
じつはこれも疑似的に再現されているんです。たとえばDIC2050の場合右図のような感じで4色に分解されているのがわかります。ですので特色印刷された色とフルカラーで印刷された色は近似色ということになります。

Related Article

ログインステータス

ログインしていません。

イラスト制作会社エイドの提供作品

ストックフォトではイラスト制作会社エイドで制作した、イラストを個人、商用問わずご利用いただけます。
サイト毎に購入方法・データの種類等の特徴がありますのでサイトのご利用規約を確認の上、下記のサイトリンクからご購入下さい。どのサイトもエイドのイラストページに設定してございます。

STOCK PHOTO提供イラスト作品:

PIXTA(ピクスタ)
フォトライブラリー
AdobeStock