特色とフルカラー印刷の違い〜エイドブログ〜

今日は特色とプロセス4色の違いについて少し。
image
印刷物はコンピュータでデザインを制作するのですが、特色の色指定というのは上の写真のような色チップによって今でも指定をしていきます。意外かもしれませんがこれだけコンピュータの性能が上がっても特色というのはコンピュータ上で再現できないのが現状です。特色というのは様々な要素を含み透明感や蛍光色、パールとかシルバーや金色のようなもの。このような要素が組み合わさって構成されます。カラー

コンピュータ上ではこのような要素を疑似的に再現して簡易的に表示しています。さてそれでは4色のフルカラー印刷で特色はどのように再現されるのか?
じつはこれも疑似的に再現されているんです。たとえばDIC2050の場合右図のような感じで4色に分解されているのがわかります。ですので特色印刷された色とフルカラーで印刷された色は近似色ということになります。

この記事を書いた人

有限会社エイド

大阪にあるイラストレーション制作に特化したデザイン制作会社です。2Dイラストレーションの制作から3Dモデル等の制作そこから派生する印刷物や企画書などのデザインをオールインワンで取扱いたしております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします