JIS2004字形対応フォント(Nフォント)

f

最近になって「JIS2004」字形対応フォントという説明をよく目にします。さてこの「JIS2004」字形対応フォントっていったい何?ということなんですが、JIS X 0213:2004(JIS2004)は、2004年に制定された最新の文字コード規格。過去の文字コード規格「JIS90」に対して多くの文字を追加しており、従来扱えなかった日本の地名・人名などが表現できるようになりました。ただこのことにより同じ字形であってもJIS90とJIS2004の間で2種類のフォントが提供されています。

「JIS2004」で字形が変更された漢字は168文字あり、「JIS90」フォントから「JIS2004」フォント環境へテキストを移す際は特に注意が必要です。

今後徐々に「JIS2004」字形に対応したOpenTypeフォント(Nフォント)が主流になると考えられています。

この記事を書いた人

有限会社エイド

大阪にあるイラストレーション制作に特化したデザイン制作会社です。2Dイラストレーションの制作から3Dモデル等の制作そこから派生する印刷物や企画書などのデザインをオールインワンで取扱いたしております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします