Blog

kurage

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

kurage
先日久しぶりに水族館にいってまいりました。
学生時代に中島らもの「明るい悩み相談」などのエッセイを良く読んでいた時期にクラゲの魅力に出会いました。
今でも水族館に出かけた時には必ずクラゲの写真を撮影してしまいます。
何ともいえないゆらゆらと浮遊感。
時に静かに移動する感じ。
たならなく好きです。

クラゲは、通常は浮遊生活をする刺胞動物である。体はゼラチン質で 柔らかく、透明。体全体は、多くのものでは傘のような形をしている。多くの場合、傘の下面の中心部に口がある。ヒドロクラゲでは傘から柄が伸びてその先に 口があるものや、口の周囲に触手が発達するものもある。鉢クラゲの旗口クラゲ類、根口クラゲ類では、口の縁が長く伸びて口腕となる。根口クラゲでは口腕が 複雑化して口は口腕の先端部に小さな吸口として開口するだけで、中央の口は閉じてしまうものもある。肛門はない。多くの種類では傘の縁に触手がある。ま た、ヒドロクラゲ類では触手の付け根に眼点を持つものがあるほか、傘の縁に平衡胞を持つものもある。箱虫類、鉢クラゲ類では、傘の縁に感覚器があるが、平衡胞のみの場合と、眼点を有する場合がある。箱虫類では非常に発達した眼を持つ。

十文字クラゲ綱のものは、構造的にはクラゲに近いので、クラゲと呼ばれるが、口の反対側に短い柄があって、これによって海藻などに付着して生活している。形態的に大きく異なるのが管クラゲ類で、多数の個体が群体を形成し、全体では傘の形には似てもにつかないものが多々ある。巨大になるものでは、長さが10mを越えるようなものも知られる。

基本的に雌雄異体である。多くのクラゲでは、卵から幼生(プラヌラ)が生まれると、幼生は基質上に定着してポリプというイソギンチャクのようなものになる。新しいクラゲは冬季になるとポリプが御椀を重ねたような「ストロビラ」になり出芽、エフィラ幼生となって泳ぎ出す。また変態、ストロビレーションなどによっても生じる。ポリプは無性生殖によって増殖するので、これを無性世代、クラゲを有性世代と見なし、世代交代をおこなうものという場合がある。カラカサクラゲやオキクラゲはプラヌラからポリプにならずそのままエフィラとなる。

ヒドロ虫綱のクラゲでは、ポリプがよく発達し、群体となるものがあり、その場合はクラゲは特に分化した生殖個虫から作られるものもある。全くポリプを形成しないクラゲもある。

クラゲ』『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。最終更新 2014年6月23日 (土)17:55(日本時間)現在での最新版を取得。

Related Article

ログインステータス

ログインしていません。

イラスト制作会社エイドの提供作品

ストックフォトではイラスト制作会社エイドで制作した、イラストを個人、商用問わずご利用いただけます。
サイト毎に購入方法・データの種類等の特徴がありますのでサイトのご利用規約を確認の上、下記のサイトリンクからご購入下さい。どのサイトもエイドのイラストページに設定してございます。

STOCK PHOTO提供イラスト作品:

PIXTA(ピクスタ)
フォトライブラリー
AdobeStock